不妊治療で今注目を受けている物と言えばやはりホルモン剤ですね。女性ホルモンを補充するHRTと言った療法が、今効果が高いという事で選択される事が多いのですが、どんなホルモン剤があるのでしょうか。今回は、そんなホルモン剤の中でもデュファストンという名前のホルモン剤について紹介しましょう。

不妊治療や生理不順の調整に使えるオエストロジェルはどんな薬か

■デュファストンとは何か
デュファストン、という名前の薬は合成黄体ホルモン剤の事を示しており主に女性ホルモンの中でも黄体ホルモンの割合が多く、黄体ホルモンを補う、という薬担っています。女性ホルモンは、エストロゲンという卵胞ホルモンとプロゲステロンという黄体ホルモンの2つで構成されています。

参酌・オエストロジェルの個人輸入代行、販売・通販ならTOP http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/oestrogel.html

その中でも、プロゲステロンという黄体ホルモンを投与することが出来るのがこのデュファストンです。生理、妊娠と言った女性の機能の中でも体の変化を伴うものには女性ホルモンが大きく影響しており、デュファストンは不妊治療や切迫流産などを治療するために使われる薬なんですね。

主に、産婦人科などで利用されており処方してもらうのも産婦人科が選ばれる事が多いですね。

■デュファストンはどんな治療に使われるのか
主に、女性機能の低下や異常時の治療に使われる事が多いですね。具体的には、不妊治療の時、妊娠の初期、そして生理不順の時などに処方されることが多いですね。黄体機能の不全が歌われる場合の不妊では、このデュファストンというホルモン剤が非常に効果があると見られています。

デュファストンを服用する事で、体内の黄体ホルモンバランスを低下しないように補ってあげる事で子宮内膜の状態を保持し、着床しやすいようにしてくれるんですね。受精卵が着床しやすい状態を作る事ができるので、不妊治療にも効果があるとされています。

また、妊娠初期の処方は切迫流産や切迫早産と言った出産に関するトラブルを防ぐために処方される事がありますね。黄体ホルモンは、妊娠しやすくするだけではなく出産のために妊娠の状態を維持する、という効果もあるんですね。具体t系には、子宮内膜を厚くすることで妊娠後の子宮の収縮を抑え緊張を和らげる事で、胎児が十分に育つまで早産、流産しないようにする、という効果があるのです。

そして、生理不順の場合はデュファストンは体内で黄体ホルモンと同じ働きをしてくれるので、一定の間服用をし続けることによって子宮内膜を厚くする事が出来るんですね。その後、服用を止めると厚くなった子宮内膜が剥がれ落ちて生理が始まる、というようになっているので生理の周期をコントロールしたい人なんかにはうってつけの効果をもって居るのです。

なので、服用とストップを一定期間を見ながら続けることによって生理周期を安定サせるようにする事が出来るわけですね。体調不良や、栄養不足などで生理不順になってしまっている場合は、こうして生理周期を正しい周期に戻していくという事が出来るのもデュファストンの使いみちの一つナノです。

■まとめ
こういったホルモン剤を使って、体内のホルモンバランスを安定させるという治療法はカウフマン療法という風にも呼ばれているんですね。特に、不妊症や生理周期が不安定になっていたりするようなことに対してのホルモン剤を投与する治療法として有名になって来ていますね。

不妊治療というのは、体質などもありますし長期的に付き合っていかなければいけない分、こういった高い効果を感じることの出来る療法は注目ですね。